2021年11月アーカイブ

エドワード8世

エドワード8世、というのは映画「王冠をかけた恋」でも有名、今の女王のおじさまにあたる人です。
シンプソン夫人と結婚するために王様を辞めた人。
彼は日本に来ています。
晩年になってクイーンが彼の元を訪れた時、点滴の駅を垂らしながらも、ちゃんとしたスーツか軍服に着替えてクイーンを迎えたそうです。
女王に失礼があってはいけないと。
自分が退位したからクイーンになったしね、、、可愛い姪っ子だったのに、立派になって。。
エドワード8世はずっとフランスだかに住んでいて、イギリスから年金をもらって暮らしていました。
結構悠々自適?
それでも「もっとくれ」ってかつての弟であるキングにお金の無心もあったそうですよ、、、いくらあっても足りないものよのーー、あんなお金持ちの生活してきたわけだし。
なんかこの人のことも調べていくと面白いね。
シンプソン夫人とのこととかも。
戦争のこともあるし、元々キングになるように育ってきていないのに急になったので、ジョージ6世は早くして亡くなりました、しかも急に。
そしてエリザベス女王がクイーンになった。
元はエドワード8世じゃないかーー、、、ってな話ですよね。
掘り下げたら面白い話です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2021年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年10月です。

次のアーカイブは2021年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。