2021年6月アーカイブ

よく意味が、、、。

メーガンがオプラとの対談で、「イギリス王室は今日のことをどう思うでしょうね」という会話の時に、
「もし王室が、私たちに関するうそを定着させるという役割を積極的に果たしているとしたら、これだけの時間がたっているのに、私たちが沈黙を守るとなぜ期待できるのだろうか」
って言ったのは有名だけど、私はこれを読んだ時、実は意味がよくわからなかった。
英語を聞いてなんとなくわかった感じ。

この先にあるには「私たちは黙ってませんよ」なのはわかるけど、この訳し方はわかりにくい、、、と思う。
でもこう言ったんだからしょうがないか。
あのインタビューは始終王室への批判だったけど、あまり王室のことを調べずに好きだからって結婚したメーガンにだって非はあるはず。
あまりにも知らなさすぎ。
いろんな制約があって当然。
そんなことも知らないで嫁に行ったか、、(って、これ、誰かが言ったな、、、ひろみの奥さんだったかな)。
とにかくよくわからない言葉ですが、王室に戻る気は無いし、もしかしたらもうイギリスにもいかないかもね。
子供達もアメリカ人として生きていくのでしょう、なんか、、、どうなんだろうそれ、、とも思うが。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2021年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年5月です。

次のアーカイブは2021年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。