2018年4月アーカイブ

うーんそれはそうだねー。

凍結保存していた受精卵を別居中の当時の妻が無断で移植し、
出産した女児について、法律上の父子関係がないという男性の訴えを却下した奈良家裁判決について。

うーん、それはそうかもだねー。

取材に応じた男性は、判決に納得できない思いを募らせる一方で、
血のつながった子への複雑に揺れ動く心情を語っていました。。

年前、別居中の妻から第2子を求められたけど、断ったそうです。
妻が凍結受精卵を移植して、妊娠したことは後で知ったそうで。
「子どもを諦められなかった」と釈明する妻を許せずに離婚して、
女の子とも会わないようにしていたんですけど、、、

しかしスーパーで元妻と歩く女児に思いがけず出会った!!

あどけない表情で見上げる女の子を前に言葉が出なかった。
去り際に「バイバイ」と手を振ると、女の子は大きく手を振り返したんですって。

そんなことがあるとねぇ、、、、うーん。。。

法律上の事とか、っていう問題でもないような、、うーん。。

難しいですが、これってこれからも起こる事件ですねー。

このアーカイブについて

このページには、2018年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年3月です。

次のアーカイブは2018年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。