小児科ナース

子供が大好きな私。大好きだからこそ小児科勤務が辛いんですよね...。

小さな子供が病気に苦しむ姿、見ていて本当に心が痛みます。

ただ、だからといって最近は辞めたいと思うことはなくなりました。

子供たちの苦しむ姿を見て、何か手助け出来ることが私にあれば...そんな風に考えられるようになってきたんですよね。

小児科だけじゃなくどんな科であっても看護師の仕事って患者さんの心のケアも大事ですよね。

患者さんとしっかり向き合って何を求めているのか、どんなことに不安を抱いているのか...察知してあげることがもしかしたら一番の治療になるのかも...。

そういうことがだんだんと考えられる余裕みたいなものが出来てきた私です。

休日でも自分が担当している子供のことが気になったり...そういう自分になんとなく誇りがもてたりもします。

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、せんいちが2012年1月19日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「楽しさとたまに悲しみが...」です。

次のブログ記事は「小児科ナースの心構え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。