楽しさとたまに悲しみが...

子供が大好きだから自ら立候補して小児科勤務についた私です。

小さな子供たちは本当にかわいいです。

どの子もみんなすごく素直で目が汚れを知らないとっても透き通った目をしています。

そんな子供たちと毎日触れ合えるのが私にはずっと夢だったんですよね...。

ただ、一つだけ計算違いだったことが...。

毎日たくさんの子供たちと会話をしたり挨拶を交わしたり...すごく楽しいんだけど

楽しいばかりではないんですよね...。

中には重い病気に苦しんでいる子供もいるんです。

そういう子が回復して退院していくのであればいいのですがそうではない子も...。

そういう子を見ているとどうにもしてあげられないはがいさと情けなさ、切ない気持ちでいっぱいになるんです。

別れの時が訪れたりしたらほかのこどもたちの手前顔に出すわけにはいかないけれど

言葉では言い表せない気持ちでいっぱいになってしまいます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、せんいちが2011年12月 9日 15:41に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「小児科ナース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。