ピロリ菌

胃がんの原因になるのはピロリ菌というものだそうです
ではこのピロリ菌ってなに?
胃の内部の細胞に住み着く菌だそうです。
どうしてそんなものが住み着くのだ、、、、プンプン。
原因もわかってないとのことで、、、そういうの、厄介だ。
菌がいても無症状ですって、、、ますます厄介。結局は検査するしかないけど、症状もないのにどうやって?、、、でしょ。
週に一回は胃カメラをしよう、なんて時代になるのかな?
胃カメラなんてイヤでしょーーー!あれによって内部に傷がつくこともあるし、よほどうまい人じゃなきゃね。。
どの医者がうまいか、なんてのもわからないし。
ピロリ菌か、、、これからもっと調べてみようと思います。
知り合いが(これによるものかどうかわからないけど)歪んで亡くなっているし。
無症状ってのはホント困りますね。
検査してもらえるように良い医者を探さなくちゃ。

ハドソン川の奇跡

映画にもなった「ハドソン川の奇跡」、、モチリン実話ですが、みた人も多いはず。
実際のキャプテンはもっと細いのでsが、キャプテン役はトム・ハンクスがやりました。
この人は何を演じても安心してみていられるので好きです。
ハドソン川での事故は、鳥によるものですが、あの判断力と技術はすごいのだ、と言うことがわかる映画です。
確かにすごいことらしく、川に着水して止める、しかも死者を出さずに、、、と言うのは難しい技術だそうです。
それに、マニュアルにないのだそうですよ、よくやりましたよね。
このキャプテンはその後また空を飛んでいますが、今はどうなんだろう、、、随分経ってますし、当時から副業をするとか、、、映画でも言ってます。
でもあのキャプテンなら、何をしても信用が得られそう。
結構イケメンだし。(そこですか?)
何度見てもいい映画です。
あの冷静さって必要でしょうねーー。
パイロットに限らず、ね。

手先が冷たい

夏でも手先が冷たくなります、、冷え性なんです。
手先や足先が暖かくなることって、、お風呂の中とかサウナではあるけど、普段はないかなーー。
きついですよ、手先が冷たいって。
何もしたくなくなるし、コーヒーを入れたコップで手を温めたりね、、、そんなことしながら仕事してます。
でもそんなことしなくても、手先がいつも温かい人も多い。
冬でも手が暖かいって憧れます、でも自分にはそんな経験ないんですよ。
これはもう一生治らないかな、って思うけど、できることはやっていこうと思う。
運動とか、食べ物とか、姿勢とかもね。
それでも手先が冷たい、今も冷たい、、、苦しいよー、、、、。
サウナで仕事したいくらい、いやほんとに。
体が冷えてるってほんとーーーに辛いんです、体が動かないし、頭も働かない。
暑くても頭は働かないのかもですが(!)、手先や浅い先が冷たいのも辛いんですよーー。
こたつで仕事すると眠くなるけどね、、、うちにはこたつはないのです。
愚痴ばかり言ってますが、こんな人もいるってことで。

よく意味が、、、。

メーガンがオプラとの対談で、「イギリス王室は今日のことをどう思うでしょうね」という会話の時に、
「もし王室が、私たちに関するうそを定着させるという役割を積極的に果たしているとしたら、これだけの時間がたっているのに、私たちが沈黙を守るとなぜ期待できるのだろうか」
って言ったのは有名だけど、私はこれを読んだ時、実は意味がよくわからなかった。
英語を聞いてなんとなくわかった感じ。

この先にあるには「私たちは黙ってませんよ」なのはわかるけど、この訳し方はわかりにくい、、、と思う。
でもこう言ったんだからしょうがないか。
あのインタビューは始終王室への批判だったけど、あまり王室のことを調べずに好きだからって結婚したメーガンにだって非はあるはず。
あまりにも知らなさすぎ。
いろんな制約があって当然。
そんなことも知らないで嫁に行ったか、、(って、これ、誰かが言ったな、、、ひろみの奥さんだったかな)。
とにかくよくわからない言葉ですが、王室に戻る気は無いし、もしかしたらもうイギリスにもいかないかもね。
子供達もアメリカ人として生きていくのでしょう、なんか、、、どうなんだろうそれ、、とも思うが。

疫病

昔から疫病と呼ばれる病気はあります、今のコロナもそう。
(違うのかしら?)
人類はそれを乗り越えてきてるけど、でも、まさか自分の生きてる時代にこれが来るなんて。。
って思ったけど、100年ごとに繰り返されているから、今生まれ暦てる子は、生きてる間にもない可能性があるかな。
それとは別に、こんな時代にうまれてくるのも悲しいよね。
親の「いない・いない・バーー!」が、マスクとかシールド、じゃねー。。
そんな親子を見るたびに心は痛みます。
あの顔で育っていくんだよね、、、そして、子供とはいえ感染に気をつけながらの生活がまだ続くのだ。
ワクチンだってどうなるのか。
副作用だってまだちゃんとわかってないし。それでも打たなくちゃ、それしか道はないのだし。
疫病・・・もうなくなることはなくて、今後も繰り返されていくみたいですが、そのたびにこうして皆が苦しみ、なくなる人も多くて、、、それが悲しい。
今できることをして、今後に生かして欲しいと思う。
科学者の皆さん、どうか頑張って!我々も頑張るから。

盗まれた時代

オーストラリアでは、戦争中、アボリジニと白人の間に生まれた子供たちを強制的に隔離して白人としての教育を受けさせる、と、親から離してしまったことがあります。
これを「盗まれた時代」としていて、この時代にはかわいそうな子供たちがたくさんいたのです。
映画にもなってます。
もしよかったら見てね!
さてこの件については、政府が正式に謝罪しています、でも遅いの、、2008年。
もうその頃の子供はかなりな年齢です。
強制収容所や孤児院に入って育った子供は、親のことを知らなくて過ごしたのです。
白人として成長・・・したのかもよくわからない、、知りたくもない。
親だって悲しいでしょ。
自分の子供が強制的に連れて行かれてしまうんだよ、、考えられない。
でも行われていた。
まさに「盗まれた」感じです。
もし自分の子供がそんな風に連れて行かれたら、、、あーー考えるのはやめよう。
吐きそうになる。
謝罪をして、「まさにオーストラリアのベルリンの壁が崩壊した」って言った人もいたんですって。
それくらい大きな出来事だったのです、、そりゃそうだよね。

最近のカミラ夫人

チャールズ皇太子の奥様、、、カミラ夫人が最近話題だ。
この人はチャールズとずっと不倫をしていて、最初は国民から嫌われていたが、
あまりにもチャールズが好きすぎて、とうとう
「そんなに好きなら結婚しちゃえば?」になり、、、現在に至る。
ダイアナ妃の時みたいな華やかさも何もないが、とにかく二人は幸せなようだ。
皮肉なものだ。
チャールズはダイアナ妃の人気に嫉妬していたとも言われているし、、、人気のない、、というか、
あまり花のない人を奥さんに迎えて、それでもお互いが幸せね、、なんて、、、皮肉じゃない?
不幸な死に方もしちゃったしね、、ダイアナ妃は。
世界から愛されていたけど、一人の男性から愛されなかった。。。
一緒に亡くなったドディ氏とも、本当の愛だったのかいまだに謎だ。
お金持ちじゃなかったらどうなっていたのか、、だって、お医者さんとも噂があったし。
お医者さんて普通に考えたら貧乏ではないけど、
ダイアナ妃からしたらどうなん、、ってところ、、それでも、
ダイアナ妃が愛してたのはこのお医者さんだった、って噂もあります。
好きな人と一緒にいるのがいいんだよね、結局のところ。

消毒液のタイプ

今はあちらこちらで消毒液が置いてあって、そうじゃなかったらお店もお客さんが入らないですよね。
あの消毒液には種類があるようで、ジェルタイプ、お水みたいなタイプ、
匂いがついてるタイプ、全くないもの、、、いろいろです。
個人的に好きなのは水っぽいもので、匂いはないもの。
ジェルで、いつmだも手をこすっていないとヌルヌルが取れないようなのは面倒で嫌ですねー。
どの消毒液も効果がある、と仮定して、ですよ、もし「水っぽいのは効果がない」などあるなら別です。
効果はあった方がいい、、という、なかったら困ります。
そんな消毒液があちらこちらで置かれるようになって、さぞかしこういう会社は儲かっているのだろうと思うのですが、
案外そうでもないとか、、、どうしてかはわからないけど。
サニタイザー、と書いてあるのは少ないようですが、外国ではサニタイザー、といいまして、
やはり同じように手を消毒してお店に入ります。
入り口で「これをつかてください」と言われます。
でる時もサニタイザーはあるし、消毒した方がいいのかもですが、
出口には見張ってる人はいないにで消毒しなくてもお咎めはありません。
日本も特にお咎めはないし、自主性にまkせているようです。
どうせなら、サニタイザーも自分の気に入ったものが青いてあるお店に行きたくなるのは私だけ?

ワガママ英語

英語では時々「まーなんてふぁっしーナコなの!」と、fussyを使う事があります。
これは、まぁ「ワガママ」って感じの意味ですね。
細かいことにこだわる人、とか、うるさい人に使います。
なのでむや、いに使わないでね。

ファッシー、って言葉が聞こえたら「自分のこと??」ってならないように、
普段から優しい言動で人には接しておきましょう。

ところで、外国にはチェーン店で「ワガママ」という和食のような、中華のようなお店がありまして、
ここのメニューはどれも美味しいと評判ですが、量が多いのでひとりで行ったことはありません。
でもこの「ワガママ」というネーミングは気に入っています。
どこにでもだいたいあるので便利だってこともあって、時々いきます、家族とね。
ワガママ、の意味はおそらく誰も分かっていないと思うけど、(その国の人達はね)、
ワガママのお店でワガママいってる人を見ると、
「ふぁっしーだな、、」って思って、そう思った自分に笑ってしまいます。
、、、くだらない話でした、ごめんなさい。。

カメラで動画撮影

すごいカメラではないけど、デジタルカメラをまだ(!)持っているので、デジカメで動画でも撮ろうかなって思います。
スマホでもいいんだけどね。
せっかくなので。
そこで思ったのですが、デジカメでの撮影、しかも自撮りって、、自分を映すにはセットして、
カメラに向かってしゃべらくちゃならない、、、ですよね。
まだやってないけど、、、スマホみたいに、自分が映ってるのを見ながら話すって事、出来ないでしょ?
そこは問題かなーー。。。スマホで慣れてしまっているのでね、、
自分がしゃべってるのを見ながらしゃべりたいですねーー、なんかそのほうがいい。
それから、時間はどのくらいとれるんだろう、、説明書はもうないので、
どうやって調べたらいいのかも分からない。
撮影してて途中でぶちって切れてしまうのも困るし。

やってみろ?、、、何をいっていおるのだ、、笑
そんな暇人ではない。
デジカメの撮影なんてしてる人、今はいないだろうし、誰に聞けばいいのかも分からず、です。
じゃーーもーースマホでいいかーー!?
なんでもスマホの時代ですねー、それに対抗してみたかったのですがーー!

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク